2018年 9月 21日 (金)

くまモンに皇后陛下からお言葉「くまモンさんはお一人でなさってるの?」

印刷

   ゆるキャラブームのトップに君臨する熊本県のくまモンが誕生したのは3年半前だ。生みの親の熊本県くまもとブランド推進課課長・成尾雅貴さんとくまモンは先月28日(2013年10月)、ソワソワと落ち着かない様子だった。天皇皇后両陛下の訪問を受けるからだ。会場に現れた皇后の胸にはくまモンのバッジが付けられていた。くまモンダンスを終えたくまモンに、皇后は「くまモンさんはお一人でなさっているの」と声をかけた。陛下がゆるキャラに声をかけたのは初めてだろう。

著作権・肖像権を無料公開した「PRオープン戦略」が成功

   成尾課長は「くまモンを考えたときは、周囲から無謀だと言われました。自治体が自分のところをPRするために、そのようなキャラクターでいいのかというプレッシャーもありました」と話す。くまモンの知名度を上げたのは、著作権や肖像権を無料で公開したことだった。

最初に使われたのは…

   コメンテーターの飯田泰之(明治大学准教授)「これはオープン戦略と呼ばれるPR手法で、有料で限られた人に使わせるより、いろいろな人が使ってくれることによって、さらにPRされます」

   司会の羽鳥慎一「最初、くまモンのキャラクターはどこに使われたと思いますか」

   長嶋一茂(スポーツキャスター)「やはり子供たちに馴染んでもらいたいから、お人形やぬいぐるみかな」

   羽鳥「なんと仏壇でした。仏壇を開け閉めする扉にくまモンが描かれました」

   長嶋「くまモンの発表当初、熊本県は派手なPRしないと言っていたが、それがかえって効果を生んだということですかね」

   きのう31日、くまモンのトレードマークである赤いほっぺが消えている事が判明した。これも人気をさらに盛り上げる戦術なのか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中