2019年 7月 22日 (月)

中国・新興国に狙われる日本の重要美術品!有名寺の仏像1体数億円の闇ルート

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ニューヨークのオークションに2008年、運慶の大日如来坐像が出品された。落札額13億円は日本の美術品史上最高額だったが、落札者が日本の宗教法人だったので国外流出は免れた。像はその後、国の重要文化財に指定された。危ないところだった。

   国指定の国宝、重文は全国に約1万点ある。文化財保護法は所有者に適切な管理と売買には届け出を義務づけ、海外への流出を防ぐことが明記されている。しかし、近年しきりと所在不明がいわれる。NHKは独自に調査を行った。むろん全部は無理だ。都道府県への問い合わせだったが、結果は衝撃だった。わかっただけで18府県で国宝1点を含む76点が所在不明になっていた。正規の手続きを経ない売買や盗難(27点)だった。闇の世界が貧しい寺を狙っているのだ。

貧しい寺狙ってブローカー売却持ちかけ

   滋賀・甲賀市の大岡寺は1300年の歴史を持つ由緒ある寺だ。ここでは2体の仏像が不明になっている。国の重文である木造千手観音立像(鎌倉時代)と木造阿弥陀如来立像(平安時代)である。住職の市川壽玄さん(83)と妻順子さんによると、12年前の本堂改装のときに信徒の1人が「私が預かります」と車に乗せていった。その後、信徒とは音信不通になってそのままになっている。

   NHKが追跡して大阪の美術商を突き止めた。美術商は「重文は付加価値が高い。国宝だと2億円とか、欲しい人はいる」と話す。仏像は京都から大阪、さらに関東に流れたと聞いたという。

   先頃、大岡寺をブローカーが訪ねてきて「買い戻さないか」と写真を見せた。本物だった。2体とも東京にあるという。男は「見るには手付金がいる。100万円でも50万円でもええねん」といった。住職夫妻は上京した。住職は「確認だけでもしたい。信徒さんに申しわけない」と話すが、男は「私にいわれても困る。ビジネスだ。買い戻しには億単位だ」とうそぶく。結局、確認もできなかった。NHKの取材に男は「仲介してるだけだ」と語った。

   文化財保護法では、所有権の移転には文化庁へ売却申請と新たな所有者の所有権変更届を義務づけている。大岡寺の2体は12年前、所有権の変更届が出され、文化庁は所在を確認したが、売却申請がないため受理しなかった。強制差し押さえの権限はない。このケースは窃盗ではないのか。

   ある住職は20人以上から仏像を売ってくれといわれた。1億円という金額も出たが断った。住職は「今では檀信徒から募金は不可能。苦しい寺では宝物売ろうかとなるのではないか」という。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中