レディー・ガガ「ペットロス」悲しい時も病気の時も分かってくれた愛犬が死んでしまった

印刷

   レディー・ガガが飼っていた愛犬が死に悲しみに暮れている。ガガは最新アルバムのPRでアメリカを離れていて看取ることができなかった。29日(2013年10月)のツイッターで悲しみを報告した。

   「私の愛犬アリスが亡くなりました。がんが小さな天使を蝕んでしまい、最後は安楽死させるしかなかったの。大切な家族の一員を失ってしまった。パパをはじめ家族は皆とても悲しんでいるわ。同じベッドで寝て、悲しい時も病気の時も全部分かってくれていた子だった。そばにいてあげたかった。アリスには(天国で)『不思議の国』を見つけて欲しい」

黒づくめの「喪服ファッション」

   ガガはハロウイーンのためか、もともと過激だったファッショがこのところいよいよ不気味になっている。ベルリンでは黄金のクチバシ付きの巨大な被り物のマスク姿を披露したり、ロンドンのゲイバーではパフォーマンス途中で全裸になり、集まったゲイファンの度肝を抜いた。ネットのオンラインフォーラムなどでは、「大丈夫なのか」と精神状態を心配する声さえ上がっている。

   愛犬の死後、ロンドンで目撃されたガガの喪服姿は、ガガとしてはおとなしめで、バックル付きの膝までのロングブーツに裾の広がったコート、手には黒いエナメルバッグという全身ブラックな出で立ちだった。ネットでは「クラシック!」「これなら私でも着れそう」といった意見もある。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中