2018年 7月 21日 (土)

「PM2・5」千葉県注意報!中国からの飛来じゃなさそう…工場・自動車多いと日本国内でも発生

印刷

   千葉県市原市できのう4日朝(2013年11月)、高い濃度の大気汚染物質PM2.5が観測され、千葉県は全県に注意情報を出した。中国で問題になっているPM2.5が千葉県で、それも市原市にだけなぜ発生したのか。

   高い数値が観測されたのは市原市の観測所で、午前4時から5時までの1時間に1立方メートル当たり最高127マイクログラムを観測した。このため、県では1日の平均濃度が国の基準の70マイクグラムを超える恐れがあるとして、不要不急の外出を控えるよう首都圏で初めてとなる注意情報を出した。

市原市環境監視センター「この地区だけにガスの塊ができた可能性」

   「知りませんでした」「うち中でびっくりしました」と千葉県民は戸惑いの様子だったが、濃度は次第に低くなり、けさ5日(2013年11月)は23~26マイクログラムだった。「学校へ行く子どもたちも誰ひとりマスクをしていません。こういった数値の変化から何を読み取るべきなのでしょうか」とレポーターの所太郎が市原市の市原郡本測定局から伝える。

なぜ急に?

   住宅街の一角にあり、24時間体制で2階の吸引口から空気を取り入れ下の階の検出器で測定している。今回の高濃度について、市原市環境監視センターの篠原誠一所長は「限られた範囲で高い濃度が出たということなので、ある気象条件下でこの地区にガスの塊ができたのではないかと予測はできますが、証明は難しいですね」と困惑気味に語る。PM2.5といえば、すぐ中国を連想するが、中国から来たものとは見ていないようだ。

瞬間的上昇なら健康被害心配なし

   司会の赤江珠緒がPM2.5に詳しい工学院大学の坂本哲夫教授に聞く。「きのうの高濃度の原因は何だとお考えでしょうか」

   坂本「断定的なことは言えませんが、日本で発生したPM2.5の濃度が何らかの原因で高まったということが考えられます」

   赤江「PM2.5は日本でも発生しているということですか」

   坂本「中国からやってくるというイメージがあるかもしれませんが、日本の中でも工場や自動車の多い都市部にはいろいろな発生源があります」

   赤江「なぜ市原市だけ高い濃度?」

   坂本「もともと他地域より高かったところに、中国からのものが上乗せされたと考えるべきでしょう」

   司会の羽鳥慎一「127という数値による健康被害はどういったことが考えられますか」

   坂本「その値になったからすぐに何かあるといったものではありません。その値が継続的に続けば、何らかの影響があると思いますが、1時間値でこの値が出てもすぐに大きな問題に発展するのではないと思います」

   坂本教授によれば、日本は技術的な対策をとっているので有害物質の排出は年々低下しているが、PM2.5は長距離を移動する特性があるという。これから冬にかけて中国から飛来する恐れは十分あるわけで、警戒が必要なことに変わりはない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中