視聴者ナメてる神田うの!テレビで口から出まかせ言ってもブログで謝罪すればいいのか
<ノンストップ!>(フジテレビ系)

印刷

   カーヴィーダンスの考案者としてメディアで大人気のボディメイクトレーナー・樫木裕実がプロデュースしたスタジオが1年も経たずに閉鎖されるという。樫木はそのメソッドが書かれた「カーヴィーダンスで即やせる!」がバカ売れし、メディアの露出も多い。樫木から直接指導を受けたいと入会待ちが300人もいたのに、スタッフや会員を置いて樫木がスタジオを去るというのだが、ここで訳知り顔で語ったのが神田うのだった。
   うのは樫木と組み、「うの樫木やせ」という本も出しており、樫木が前にいたヒロミのジムから独立する際も、一部週刊誌で「うのが手引きした」と報じられたこともある。そんなうのが「先生は本の印税は一切もらっていない」と樫木を擁護する発言をした。翌日になって、自身のブログで、あの発言は誤りでしたとお詫びしたらしいが、テレビで誤った発言をしてもブログで謝罪すれば文句ないだろうというやり方はおかしい。テレビでもちゃんと謝るべきだ。
   うのはもみのもんたの次男の一報を受けたときも、「自分の財布と間違っただけでしょ」と発言し物議を醸していた。番組に出て来るときは自分がプロデュースした洋服や着物をちゃっかり宣伝し、よく考えもせずに思ったことを口にするだけのコメンテーターって…。視聴者をバカにするにもほどがある。(放送2013年10月31日9時50分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中