山本太郎「議員辞職否定」参院は今週中にも処分!議長が戒告?

印刷

   先月31日(2013年10月)に開かれた秋の園遊会で、天皇に手紙を手渡した山本太郎参院議員はきのう5日(2013年11月)に会見して、「議員辞職することはない」と明言した。しかし、「陛下を悩ませることになった。園遊会という場についての思慮が足らなかった」と反省の弁を述べた。

議員バッジ付けずに質問で憶測

   山本はこの日、内閣委で初質問に立ち、天皇への手紙に書いた「原発事故での被ばく」について質問した。このとき議員バッジをつけていなかったため、「辞職か」との憶測も出たが、「間違って秘書のブレザーを着ていた」だけだった。

どんな処分に?

   参院議運委の岩城光英委員長は手紙問題で山本に「出処進退について、けじめをつける考えはないのか」とただしたが、山本は「67万人もの有権者との約束があり、やるべきことは多い」と辞職を否定した。議運委は週内にも処分の結論を出すという。

   宮内庁の山本信一郎次長は「常識的に判断されるべき問題で、あのような場所ではふさわしくなかった」と批判した。手紙は事務方で預かり、天皇には渡しておらず、今後も渡すことはないという。

   国会では山本の「議員辞職」を求める声が大きいが、国会議員の懲罰には、戒告(議長が注意)、陳謝(本会議場で謝罪)、登院停止(30日を超えない)、除名(本会議で3分の2の賛成)がある。

   司会の井上貴博アナ「山本議員がこれにあたる可能性がありますか」

   片山善博(慶応大教授)「あると思いますが、あっても戒告、あるいは何らかの注意でしょう」

   井上「何もしないということはないでしょうか」

   片山「やっぱり非常識だと思いますよ。何らかのことはしないといけない」

死ぬ覚悟だった田中正造

   要は天皇に手紙を渡すという行為だ。奈良、平安の昔から、天皇に声をかけたり、モノを手渡すことができる人は限られている。時代によっては、直接見てもいけない人だったが、これはしきたりの問題だ。かつて足尾銅山の鉱毒問題を訴えた田中正造が明治天皇に直訴したとき、このしきたりを破ることで田中は死ぬ覚悟だった。しきたりはそれほどのもので、憲法で「象徴」となったいまも生きている。足尾銅山問題で田中が訴えた内容に異論を挟む人はいまい。といって、福島の問題を天皇に訴えることがどうなのか。このあたり、しきたりとは別に 考えないといけない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中