高島屋デパ地下でも食材偽装…それでも違法にならないJAS法の抜け穴

印刷

   ホテルなどのレストランのメニューに麗々と書かれた美しい食材の実態が続々と明らかになっている。車海老とはスーパーで売ってる何の変哲もないブラックタイガーのこと。フレッシュジュースはパックのジュースで、「ステーキ」は成型、牛脂注入の加工肉だ。

   この手の上辺を飾って裏見せない商法はデパートのデパ地下でも行われていた。高島屋直営の総菜店「フォション」がブラックタイガーを車海老として販売したほか、テナントレストランなどでも不正表示があった。

店員に質問できる対面販売は表示義務なし

   結局のところ、デパ地下の表示もレストランと同程度の信頼度なのだろうか。「スッキリ!!」によれば、パッケージ化して販売する商品は表示義務のうるさい、厳しいJAS法の適用を受けるが、惣菜などを対面式で直接販売する場合は、店員とやりとりして材料などを確認できるという点から、レストランと同様にJAS法の枠外だという。

   デパ地下惣菜(直接販売)の品名や食材表示が厳密なのか、それとも麗しいイメージの産物なのかを知りたければ、買う前に根掘り葉掘り尋ねなければいけないようである。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中