2018年 7月 19日 (木)

小説家・平野啓一郎「ブラックタイガーの和名はウシエビ?やっぱりうまそうじゃないね」

印刷

   有名ホテルや百貨店で相次ぐ食品表示の偽装問題について、芥川賞作家の平野啓一郎(38)が11月6日(2013年)にツイッター上でこんなことを話している。

   「『車エビのテリーヌ』なら買うけど、『エビのテリーヌ』なら買わない、という人はどれくらいいるんだろうか。これって、けっこう語呂の問題のような気もする。『エビのテリーヌ』だと何となく落ち着かず、頭になんかつけたくなるのは分かる」という。

   「車エビ」と表示しながら、実際はブラックタイガーが使用されていたわけだが、「ブラックタイガーは確かにゴツくて、料理名には馴染まない」「●●エビ」などおいしそうな和名をつければいいのではと提案する。ところが、フォロワーからブラックタイガーの和名は「ウシエビ」だと指摘されると、「なぜ牛?(笑)あんまりうまそうな響きじゃないですね」と返した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中