つらい生理痛がまんしてると危ない!子宮内膜症4つのサイン

印刷

   「誰にも言えない生理の痛みや悩みです。前回放送(2013年10月21日)で大反響をいただき、その後1500通以上のファクシミリが届きました。なかでも300通以上寄せられたのが生理痛の悩みです。この生理痛、実は思わぬ病気を抱え込んでいる事もあるんです」寺門亞衣子アナが伝えた。

重症化すると妊娠しにくくなるケースも

   ミナコさん(37歳・仮名)は10代から辛い生理痛があったが、30代になって下腹部の痛みがひどくなった。「肛門と膣の間の奥の当りを、手をスポッと入れられてグッとやられて、子宮ごと全部もぎ取って抜かれて行くような痛みで、魂まで抜けちゃうくらいな痛みなんです」

   排便時にはひどい痛みで30分もトイレから出られず壁をかきむしっていたこともある。会社の同僚に病院に行くことを勧められ、ようやく受診すると医師から「子宮内膜症です。もしかしたら、この先、妊娠しにくくなるかもしれません」といわれた。

   寺門「女性の10人に1人が生理痛に悩んでいますが、なかでもこの子宮内膜症になりやすいんです。内膜症へのサインが4つあります。(1)生理が重くなってきた(2)鎮痛剤が効かなくなってきた(3)拝便痛や性交痛がある(4)生理以外の下腹部痛がある―です。こういう症状がある方は早めの受診が必要です」

必ず受けたい婦人科の定期検診

   ファックスで視聴者からの質問を有働由美子キャスターが読み上げた「つらい月経困難症で、相談に行ったら医師は気持ちの問題だと相談に乗ってもらえませんでした」

   産婦人科の吉野一枝医師がアドバイスした。「ドクターでもいろいろな方がおられます。諦めずに自分と相性のいい医師を見つけて下さい。痛みで鎮静剤を飲まないとダメな人は婦人科に行ってください。今は保険適用のピルもありますし、処方されれば必ず改善されていきます。また、生理痛の痛みがまったくなくても、子宮筋腫があったりすることはよくある事ですから、婦人科での定期的検診がとても大事になります」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中