百貨店側チェックできない食品偽装…力関係逆転!有名レストランに出店お願い

印刷

   食材の偽装表示問題で百貨店が総崩れだ。高島屋や大丸松坂屋に続き、きのう6日(2013年11月)は三越伊勢丹や、そごう・西武、小田急でもテナントのレストランなどで同じような偽装が明らかになった。原因について「テナントを信頼していた」「原材料のチェックが十分でなかった」などと釈明しているが、専門家によると、最近は百貨店とテナントの力関係が逆転してテナント頼みの関係になっており、チェックは難しいのではないかという。

目利きが少なくなったバイヤー

   日本橋三越本店のカフェで、欧州産の栗で作ったといいながら中国産を使ったモンブランをはじめ、いろいろなメニューを食べたというコメンテーターの高木美保(タレント)がいう。

美味しかったけど…

   「(偽装に)気付かなかったですが、結構おいしかったです。(デパートも)曖昧な言い訳をしないで、うちはおいしく作っていますと、堂々と言った方がダメージは少ないんではないかと思うんですよね。今はデパートもそれほど特別な存在ではないので、質をごまかすより、正直さやおいしさでやればいいのにと思うのですが」

   司会の赤江珠緒が食品表示アドバイザーの垣田達哉氏に聞く。「百貨店業界全体に広がりましたね」

   垣田は「消費者もデパートを過大評価していたんですよね。百貨店もブランドというより、いまはもうひとつの小売店、ショッピングセンターと思った方がいいかもしれませんね。悲しい話ですが、テナントに入ってもらう大家さんですね」と話す。

   売り上げもスーパーやコンビニが伸びて、何から何までデパートで買うという時代ではない。百貨店のバイヤーもかつては法律や商品に対する知識も凄かったが、そういった目利きが少なくなったという。

いまやテナント頼みの不動産業

   レストランなどテナントとの力関係も逆転している。垣田は現状をこう見ている。「昔は百貨店に入るということがステータスだったんですよ。いまは逆で、百貨店のステータスを上げるために有名店に来てもらいたいという関係ですね」

   今回の偽装表示問題で百貨店側は再発防止策として、「レストラン担当者と定期的なミーティングを行い、メニュー表記の厳密な点検を行う」(三越伊勢丹HD)、「取引先と表示内容と原材料の確認を実施する」(そごう・西武)といったことを上げている。

   だが、これについても垣田は「意味がないと思いますね。テナントは別会社なので、ここに入り込むことは基本的に無理なんです。テナントにもプライドがありますから、いつどこから何を仕入れたのか伝票を見せて下さいというのは無理なんです。チェックはできないんです。ですから、契約の段階で責任の所在を明確にすることが重要です。お金の問題も、どこが払うのかきちっとしておかなければいけません」

   百貨店は小売店のプロとして存続するのか、テナントを貸し出す不動産業に転じるのか岐路に立たされているという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中