2018年 9月 23日 (日)

楽天優勝セール「割高通常価格表示」本部に責任なし?審査受けない便乗業者

印刷

   プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になったのを受けて、ネットのショッピングサイト「楽天市場」で記念セールが開催され、そのなかには「77%OFFセール」という景気のいいハナシもあったが、その実、実態のない割高な通常価格を表示して、値引きしたように見せかける偽装が行われていた疑惑が浮上した。

20店舗1000商品でインチキ価格表示

   ある店では、シュークリーム10個入り通常価格1万2000円がなんとオドロキの77%引きで2600円に! しかし、その商品はもともと2600円程度で販売されているものだった。この手の事例は20店舗1000商品に及んでいるという。

tv188435_pho01.jpg

   楽天市場の本部は、本部が主催した本物の「日本一セール」については審査をきっちりやっており、それに便乗して勝手にセールを謳った一部の店舗で価格問題があったと説明した。不当表示などを行った店舗は契約解除するとしている。

   ただし、こうした楽天の言い分に対して、番組コメンテイターからは、「一般の人は、正式と勝手セールの違いはわからないですよ」(キャスターのテリー伊藤)、「(勝手セールで)非公式に登録できてしまうシステムは、管理責任としてどうなのかという問題もある」(菊地幸夫弁護士)などと疑問の声が上がった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中