「中1女子誘拐」闇ネットつながりの3人組…中途半端な身代金の金額2000万円

印刷

   おととい6日(2013年11月)の夕方5時ころ、東京・田園調布で帰宅途中の中学生1年生の女生徒が3人組の男に誘拐される事件が起きた。男たちは「道を教えて下さい」と近づき、ワゴン車に押し込み連れ去った。2時間後に母親に「娘は預かった。2000万円を用意しろ」という電話があった。その1時間ほど後、犯行現場から約20キロ離れた府中市の甲州街道で、盗難車探しの一般検問をしていた警察官がワゴン車を停止させたところ、後部座席に手足を縛られ目隠しをされた少女を発見した。

行き当たりばったりの犯行

   逮捕されたのは羽田宏明容疑者(43歳)、宮城元貴容疑者(24歳)、田場龍之介容疑者(23歳)の3人だ。

3人の関係は?

   司会の羽鳥慎一「この3人の関係はどうなっているの?」

   所太郎レポーター「宮城容疑者と田場容疑者は沖縄出身で、以前から知り合いのようです。この2人と羽田容疑者が知り合ったきっかけは、ネットの闇サイトと見られています」

   取材スタッフの若林大輔が主犯格と見られる羽田の埼玉県の自宅周辺を取材した。近所の主婦は「お金に困っているという様子はありませんでした。奥さんは介護の仕事をしていて、その奥さんを手助けするために、休みの時は家の掃除をしたり洗濯物をしたりという姿がよく見られました」と話すが、別の主婦は「機嫌が悪いときなどにはドスの効いた低い声で話していました。この人を怒らせると怖いという印象がありました」と語った。

「田園調布なら金持ち」と目星

   元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏に「犯行から3時間でスピード逮捕されましたが、人目や交通量の多い幹線道路を使って移動しようとしていたのはなぜですか」と羽鳥が聞く。

   小川「今回の犯行はズサンな点が目立ちます。まず犯行直後の午後7時過ぎに身代金要求の電話をしていること。通常、この時間帯は娘の帰りが遅いと家族が騒ぎ出す時間ではありません。その時間帯に電話をしているのが大きな疑問点です。誘拐事件では犯人が逃げおおせて、人質が見つからない場所に移動してから身代金要求の電話をするのが普通です。

   また、誘拐後は警察署周辺や検問が行われると思われる幹線道路などは避け、人目に付かない裏道などで移動します。でも、今回は幹線道路を走っていた。これも不思議な行動です」

   羽鳥は「なぜ、身代金が2000万円だったのでしょう」

   小川「高級住宅街の田園調布の住人なら、このぐらいの金額はすぐ用意でき簡単に手に入ると考えたのでしょう。これは私の推測ですが、田島は途中で車を下りており、身代金が手には入ったら羽田と宮城の2人で分けるつもりだったと思われます。3人で分けるとすれば2000万円は中途半端な金額です」

   なによりも、中学生が無事に保護されてよかった。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中