チャーリー・シーンとブルック・ミューラーの「トンデモ双子」4歳にしてりっぱな不良

印刷

   子供は親を選べないと言うけれど、こんな両親のもとに生まれた子供は大変.である。お騒がせ俳優のチャーリー・シーンと、3番目の妻で、2年前に離婚した女優ブルック・ミューラーの間で双子の子供の養育権をめぐって激しい争いになっている。

飼い犬殺そうとしたり、娘を暴行したり…

   チャーリーもブルックもアルコールとドラッグ浸りになるなど、素行と口の悪さはハリウッドでも有名だが、そんな二人が法廷で罵り合いを演じている。チャーリーは「あの女のところにいては子供たちが危険」「彼女は危険人物」と訴え、ブルックは「とことん戦うわ」と裁判所にチャーリーの接近禁止命令を要求している。判事にしてみれば、どちらの親にも子供を任せられないといったところだろう

   救いは、ブルックが薬物リハビリ施設に入所していた間、子供を我が子同然に面倒を見ていたチャーリーの2番目の妻デニス・リチャーズがいることだ。ネットでも「子供たちはデニスに育ててもらうのが一番良い」という意見が多い。

   ゴシップサイトのTMZによると、デニスがロサンゼルスの裁判所に提出した子供に関する意見文の内容がすごい。「二人の子供は4歳にしてりっぱな不良。家でも飼い犬を殺そうとしたり、二人の娘たちに暴行を加える。学校でも子供を虐めるなど手が付けられず、とても養育していけない」と訴えていて、デニスは子供が荒ているのはブルックのだらしないしつけのせいとしている。ネットでは「本当なのか」という声も出ているが、子供たちは医師がセラピーを進めるようなひどさらしい。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中