2018年 6月 18日 (月)

AKB石田晴香、「ペナントレース」競争条件にクギ 「フルメンバーじゃないと公平じゃない」

印刷

   AKB48の石田晴香(19)が11月9日(2013年)深夜、劇場公演の倍率でチームを競わせる内容の「重大発表」をめぐり、ツイッターで

「公演の倍率で競うのかー!!フルメンじゃないと公平じゃないよね」

と競争条件を平等にするようにクギをさした。

   発表は、劇場公演のチケットを買うための倍率をチームごとに競う「ペナントレース」を行うというもの。チームは東京・秋葉原の劇場だけでも「A、K、B、4」の4つあり、それ以外にも名古屋、大阪、福岡に点在している。

   公演に参加するメンバーは一定ではなく、多忙で劇場に姿を見せることが少ない有力メンバーが劇場公演に出演すると、その回の倍率は大きく上がるとされる。いわば、

「競争するのであれば、有力メンバーを含めた『フルメンバー』の状態で比較しないと公平ではない」

と訴えているわけだ。

   元AKB48メンバーで声優の仲谷明香(20)も、ツイッターで「ごもっとも過ぎて何とも言えない」と返信。同じ問題意識を持っているようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中