2019年 5月 25日 (土)

セクシーCM打ち切りの要潤「『CMで息子のキノコ嫌い克服した』と言われうれしかった」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の要潤(32)が「今日、取材を受けたカメラマンさんの息子さんのキノコ嫌いが、ホクトのCMによって克服されたという話を聞いた」と11月10日(2013年)にツイッターで明かした。

   要は10月25日から食用きのこメーカー「ホクト」のCMに出演し、主婦役の鈴木砂羽(41)の耳元で「普通のきのこと立派なきのこ、味がいいのはどっち…?」などと囁く姿が「エロすぎる」と話題になっていた。

   その後、視聴者から「不快」と指摘され、週刊新潮(11月7日発売)によると10月31日で打ち切られたという。その渦中でのカメラマンとの会話を、要は「他愛もない笑い話で終わらせた」というが、「僕の疲れた心には確実に響き渡った」と感謝している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中