2018年 11月 21日 (水)

ブレーキなし自転車で逮捕!違反常習で出頭要請も無視…東京・渋谷を路上走行

印刷

   東京都内の無職の男(31)がきのう11日(2013年11月)、ブレーキの付いていない自転車で公道を走ったとして、道路交通法違反(制動装置不良)の容疑で逮捕された。ブレーキなし自転車での逮捕者は初めてという。

   道交法では自転車の前輪と後輪にブレーキを取り付けることが義務付けられているが、逮捕された男は去年6月(2013年)、東京・渋谷区の路上を後輪にブレーキがない自転車で走行した疑いがもたれている。

競技用のBMX

   男は「こんなことで逮捕されなんて思わなかった」と話しているというが、違反は今回が初めてではない。これまでに2度違反切符を切られ、再三出頭要請を受けながら、1年半にわたって無視し続け、悪質と判断されたのだ。

周りが危ない

   ブレーキを備えていない自転車の取り締まりはおととし(2011年)から強化され、検挙件数も2009年に2件だったものが、2010年に686件、2011年に1277件、2012年に1424件とウナギ上りだ。

   「忍び寄るみたいな感じがあるから本当に危ない」「子どもが小さいので心配」と、ブレーキを付けていない自転車がスピードを出して走ることに多くの人が危険を感じている。男が乗っていたのはBMXという競技用の自転車で、若い人に人気だ。

環状線逆走したり信号無視…自転車規制しろ!

   司会の羽鳥慎一「ブレーキを付けない自転車はスピードが出るとか、カッコいいとかということで増えているんですよね」

   コメンテーターの舘野晴彦(『月刊ゲーテ』編集長)「ブレーキばかりでなく、走り方がめちゃくちゃな人が多いんですよね」

   崔洋一(映画監督)「環状線なんか逆行したり、渋谷など平気で信号無視したり。これはもう規制するしかないですよね。環状線に関していえば、そろそろ専用レーンも考えてもいいんじゃないかと思いますけどね」

   羽鳥「乗っている本人もそうですけど、周りの人が危ない」

   舘野「本人だけならいいかもしれないが。周りの人が被害を被ったらどうなるか。スイスイ通り抜けていくけど、自分の力ではなく、周りが譲っているんです」

   アナウンサーの小松靖「こんなことで逮捕されるのかという話がありましたが、こんなことじゃないということですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中