2019年 4月 20日 (土)

ゆるキャラ評論家・犬山秋彦「とっとちゃん騒動の取材で『謝罪の言葉ない』と詰め寄られた」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ゆるキャラ評論家の犬山秋彦が佐賀・鳥栖市のゆるキャラ「とっとちゃん」について取材を受けたと、11月11日(2013年)にツイッターで明かした。犬山は10月23日放送の「オールナイトニッポン」(ニッポン放送系)に「とっとちゃん」と一緒に出演し、そこでの「わいせつ発言」が原因で「とっとちゃん」は活動自粛に追い込まれた。

   犬山が放送中に「鳥栖の観光協会から『下ネタ』の許可を取っている」と発言したことについて、インタビュアーから「さっきから責任を感じるとは言っても謝罪の言葉が一度もありませんよね」「市民は全員泣いてますよ」などと詰め寄られたといい、「観光協会イコール市役所だと思っていたので、そこからの許可がおりているのだから、それがキャラを使ってやりたいことなんだろうと誤解してしまった」と弁解する。

   「不適切発言」との報道について、「その不適切な表現を、深夜ではなく、白昼堂々、子供が目にする新聞、テレビ、ネットニュースに何の規制も流す方がちょっと…」と不満顔で、放送局には「評判が良かったのでまた次回もとっとちゃんに出演して欲しい」という要望があったと明かす。

   インタビューが流れた12日には「そろそろ炎上した頃だろうと思ってウキウキしながらエゴサ(編注:自分の名前で検索すること)かけて、2ちゃんねる全文検索したけど、全然なかった…寒い冬がやってきた」と火に油を注いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中