謎だらけ民家火災!逃げ出したおばあちゃんと孫嫁…焼死でなく刺殺

印刷

   きのう12日早朝(2013年11月)、新潟市北区で起きた民家の火災では、出火当時、この家に住む川崎ミツミさん(69歳)、遊びに来ていた川崎さんの孫夫婦とひ孫がいて、川崎さんと孫の妻は病院に搬送され死亡が確認された。ところが、2人の死因は焼死ではなく刺し傷によるものだった。

血だらけで隣家に助け

   火災の第一報は通行人の男性からだった。「朝の6時半頃、仕事に行こうと家を出たら家かが燃えていました。あわてて110番しました」と話す。高村智庸リポーターは「火が出た直後、川崎さんは隣の家に助けを求めました。この時すでに川崎さんは血だらけで、隣家の玄関ドアの前で倒れていたそうです。川崎さんに火傷のあとはなく、孫の妻の里香さんも川崎さん宅から少し離れた路上で血だらけで発見されました」と伝える。

何があったのか…

   司会の羽鳥慎一「2人が刺されているということは、誰かの恨みによる犯行とも考えられますが」

   高村「川崎さんは誰かの恨みを買うような人ではなかったと近所の人は口を揃えています」

   近隣の主婦は「旦那さんを亡くされて以来、早朝からとれたて野菜を自転車に乗せて行商に行くという活発な人でした。孫やひ孫もよく遊びに来ていて、家の中からひ孫たちの『ばぁちゃん、ばぁちゃん』という声が聞こえる仲の良い家族でした。誰かに恨まれるというのは考えられません」と声を詰まらせる。

孫とひ孫は無事救出

   高村「孫の31歳男性とひ孫は救出され命に別状はないそうですが、救出されたときは顔が真っ黒で、これが火事によるやけどかススによるものなのかはわかっていません。警察では何らかの事情を知っていると見て、回復を待って話を聞くそうです」

   羽鳥は「誰かの恨みでないとすれば不思議な事件ですよね。仲の良い家族でこういう事件が起こるだろうか」という。コメンテーターの萩谷順(法政大学教授)は「この孫の顔が火事によるものなのか、それとも別の理由があるのか。それと、川崎さんが隣の家に助けを求めにいったとき、何かを話している可能性もあります。このあたりが今後の捜査のポイントになるでしょう」と解説した。外から見れば仲のいい家族でもいろいろある。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中