<海の上の診療所>
松田翔太ドクターは「寅さん」か!毎回違うマドンナに恋してフラれて、性懲りもなくまた…

印刷

   松田翔太初主演。瀬戸内海の無医村の島々をめぐる巡回診療船「海診丸」を舞台に繰り広げられるヒューマンラブストーリーだ。物語は松田演じるフリーランスの医師・瀬崎航太が「海診丸」の医師として着任するところから始まった。

   毎回、出会ったマドンナに恋し、なんとなくいい感じになるものの、結局フラれてしまうのは、映画「男はつらいよ」の寅さんでおなじみのパターンである。これまでのマドンナは、第1話が加藤あい、第2話が篠田麻里子、第3話が夏帆、第4話が瀧本美織、第5話が安達祐実となっており、1話完結なのでいまからでも十分間に合う。

関西弁のセリフで何か吹っ切れたような藤原紀香

   松田は一見チャラ男に見えるが、医師としての腕はたしかな憎めないキャラをうまく演じている。松田となにかとぶつかるが、おそらく最後にはくっつくんだろうなと思われる看護師の戸上眞子役は武井咲だ。ほかの「海診丸」の面々も、寺島進、藤原紀香、荒川良々、福士蒼汰と個性派ぞろいである。なかでも、友近のネタにもなっている関西弁の台詞をしゃべる紀香は見ものだ。夫役の荒川良々と船内でサルサを踊る場面もあり、なにかふっきれたような紀香に注目!

「ドクターX」「あまちゃん」「パラパラ漫画」おいしいとこ全部もらいました!

   フリーランス医師といえば、「ドクターX~外科医・大門未知子」の大門だし、航太の憧れは「Dr.コトー診療所」のコトー先生。「あまちゃん」からは副駅長・吉田役の荒川良々、種市先輩の福士蒼汰、いっそんこと皆川猿時まで登場する。エンディングでは鉄拳のパラパラ漫画を使用するなど、ヒットしそうな要素はなんでも取り入れますよという貪欲な姿勢が吉と出るか凶と出るか。さすがに、福士が「じぇじぇじぇ」と叫んだ場面はやり過ぎで引いた。

   巡回診療船という特殊な環境を舞台にしているのだから、もっと緊迫した医療シーンなども思うが、まあ、そういうのは「ドクターX」に任せて、こちらはのんびりと…。もっとも、このドラマのいちばんの見どころは心が洗われるような瀬戸内海の美しい景色なのである。これだけでも癒される。ロケドラマならではの醍醐味だ。(フジテレビ系月曜よる9時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中