年金基金横領男逮捕!高卒・年収300万円・借家住まい…目の前にあった200億円

印刷

   3年前に企業年金基金の掛け金を横領して逃亡した男が14日朝(2013年11月)、タイ・バンコクから成田空港に移送されてきた。犯罪の影に女あり。横領した金で10年間以上も女たちに貢いでいた。

   業務上横領の疑いで国際手配されていた長野県長野市の坂本芳信容疑者(56)は今月1日、逃亡先のバンコクで不法滞在の疑いで逮捕された。移送が決まった12日には、坂本と愛人関係にあったタイの女性が面会に訪れ、手を握り合いながら何かヒソヒソ話し合う姿があった。女性は「可哀そうと思って私は手を握りました。愛はありません。ただのお客さんですから」とシレッと言う。逮捕はこの女性の通報がきっかけだった。

むしり取られた24億円…貢いだホステス10年で30人

   坂本は逃亡する3年前まで、長野市郊外の借家に妻と大学に通う2人の息子と暮らしていた。地元の高校を卒業後、1995年から長野県建設業厚生年金基金に勤務し、事務長として200億円近い基金の管理に一人で携わっていた。年収は300~400万円ほど。基金の役員は「正直、真面目で融通の利かないイメージだった」という。

ひどい使い方

   ところが、近所の人の話は全く違う。「記憶にあるのは出張が多いことでした。(妻が)行き先を聞いても言わなかった」らしい。出張先は東京・銀座、六本木の高級クラブだった。坂本をよく知る銀座のママはこう話す。「最後まで身分を明かさず、会社の社長と思っていたわ」

   常連になった坂本はチップを弾む上客とされ、ホステスに人気でティファニーやカルティエのアクセサリーをプレゼントしたり、車が欲しいと言われれば買い与えていたという。「20代前半の夜の世界をあまり知らない女の子が好きで、私が知っている10年間で20~30人の女の子と付き合っていた」

   2008年には5000万円を出資して銀座にクラブを開店し経営者になった。店は赤字続きだったが、気に入ったホステスを連れてハワイ旅行を繰り返していたという。

タイでもスッカラカン

   坂本が有頂天になっているとき、加盟社が積み立てていた厚生年金基金の掛け金約23億8700万円の行方が分からないことが判明する。坂本はその直後の10年9月に基金から6000万円を引き出し姿をくらました。

   持ち逃げした6000万円はタイで使い果たし、金の切れ目は縁の切れ目とばかり、愛人に通報された。では、24億円はどこにあるのか。「とくダネ!」が試算したところ、銀座、六本木で女に貢いだ金は少なく見積もっても4億円強。20億円はどこかに残っている勘定だという。

   キャスターの小倉智昭は「話を聞いていると、こいつには腹が立ってくる。ばくちで手に入れたような男はひどい使い方をするんだろうなと思う」と怒る。銀座の店というのも、おそらくはホステスにねだられて出したものだろう。あるいは、悪い筋からたかられていたかもしれない。年収300~400万円の男が使い方も知らない億単位のカネを持てば、たちまち身ぐるみはがれてしまう世界があるのだろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中