取調室からドイツ男逃げた!あちこちで履物や服もらって逃走中―宮城・仙台

印刷

   ドイツ人の男が傷害容疑で取調べ中の警察から逃走した。シューツ・ペトロ・ウラジミロビッチ(25)と名乗る自称・大学生で、宮城県仙台市のホテルで10月30日(2013年10月)、従業員の男性2人を殴り仙台中央署に逮捕された。

   拘留され取り調べが続いていたが、13日午後4時過ぎ、4階の取調室から逃げ出し、裏階段を使って1階に降りて戸が開いていた部屋の窓から外へ逃げた。

事情わからぬ住民や店員、親切心で提供

   ウラジミロビッチが逃げた時の服装は、背中に竜の絵がプリントされた七分袖のTシャツと裸足。ヒッチハイクでつかまえた乗用車で多賀城市の駅まで行き、午後5時ごろ市内の住宅を訪れて「履物が欲しい」と要求し、女性住人はスリッパを与えた。次に近くの店を訪れ、女性店員に「着るものを下さい」と要求し、水色の上着を受け取って消えた。

捕まるの時間の問題

   さらに翌朝、トラック運転手から「手配の男に似た男にドアをノックされた」という110番通報があり、このときは黒のブレザーに緑色のマフラーだった。

   女優で作家の中江有里「東北の人は優しいですね」

   身長185センチでメガネをかけた外国人となると目立つ。キャスターの小倉智昭は「まあ、(捕まるのは)時間の問題でしょうね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中