2018年 7月 23日 (月)

マー君メジャー移籍なし!?ポスティング制度変更めぐって日米折り合えず

印刷

   プロ野球の日本一となった楽天マー君こと田中将大投手が、「ポスティング」制度でメジャーリーグに移籍できるのかどうか、「スッキリ!!」も注目している。ポスティング制度は有効期限が切れており、今後の制度をめぐっては、日本側ですったもんだした末、一部改正して継続の見通しがたったと思われたが、そうこうしているうちに今度は米メジャー側がすったもんだになった。

米メジャー「無理してまでいらない。数年後にFAがある」

   MLBアナリストだという古内義明によると、おカネがあるチームしか落札できない現在のポスティングの仕組みに対して、メジャーのオーナーから不満が噴出し、全球団に入札のチャンスがある修正案を出すことになったという。それには時間を要する可能性があるため、古内は「このままいくと、田中投手は来年も楽天でプレーする流れになる」と予想する。「スッキリ!!」も「(マー君)メジャー移籍『白紙』か?」とキャプションをつけた。

選手会あわててる

   野球好きでキャスターのテリー伊藤は、日本のプロ野球選手会が条件闘争で突っ張ったことがこじれた要因だといった分析をしていた。「選手会はマー君がいるから強気に出たけど、メジャーは『だったらいらない』(数年後にはフリーエージェントでただで取れるし)って態度に出てきたから、ちょっとあわててるんじゃないですか」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中