2018年 8月 19日 (日)

狩野英孝「愛犬アル死んだ。走り回れるような広い部屋に住まわせてやるのを目標にしてきた」

印刷

   お笑い芸人の狩野英孝(31)が「先日愛犬の『アル』が亡くなりました」と11月18日(2013年)のブログで明かした。狩野とともに多くの番組に出演して、ファンから「大好きなおやつや、おもちゃや、アルの似顔絵など」をもらっていたと感謝している。

   下積み時代の「いつかお前が走り回れるような広い部屋に住ませてやるからな」という約束を糧に頑張り、アルを観客に見立て新ネタを披露したこともあるという。08年に始めたブログの名は「狩野とアルいてく」だが、それは「いつでもアルと人生を歩いてく」ことを意味しているそうだ。

   アルの死後も名前を変えるつもりはないといい、「もしかしたら いつかまたどこかで会えるんじゃないかと夢見ています。同時にアルのところまで、笑い声が届くくらい一生懸命頑張ります」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中