カジノ狂い御曹司「芸能人との交遊」獄中から実名暴露!アイドルなど50人

印刷

   ばくちに狂いグループ会社に55億円の損害を与えて服役中の大王製紙前会長・井川意高受刑者(49)が書いた懺悔録が売れている。「熔ける―井川意高の懺悔録」(双葉社刊)という著書で、「自らの転落人生と華麗なる芸能人との交遊録でした」といった内容だ。

ほしのあきとはグラビアデビュー前から付き合い

   井川は「2泊3日の初カジノでは100万円が2000万円に膨らんでいった」とのめり込んでいったきっかけに触れ、、106億8000万円を失ってしまったといい、最後に「一番信用できないのは自分。106億8000万円の代償として得たものはかくも悲しい事実のみだった」と綴っている。

たまったものじゃない

   芸能人などとの派手な交遊録も語られている。有名騎手と結婚したばかりのタレントほしのあきとの交遊では、ほしのがグラビアアイドルとして有名になる前の22歳ごろからつきあいがあり、彼女がお気に入りの自社製ティッシュを段ボールで贈っていたと明かしている。さらに、女性アイドルグループのメンバー2人との交遊やセクシー女優との関係など、実名を挙げた人物を含めその数は50人に達している。露骨な表現は避けているようだが、かえってそれが『熔けている』のではと想像を掻き立てる結果になっている。

「熔ける―井川意高の懺悔録」3日間で10万部

   キャスターの小倉智昭「この本の中に出てきた芸能人はたまったものじゃありませんよね。企業を立て直すことはできても、自分はなかなか立て直せないんですかね」

   笠井信輔アナ「同情を買いたいという気持も強かったのじゃないですか」

   暴露本を書いた理由を井川は「ご迷惑をかけた方にお詫びをしたいのと、誤解を解くために事実を明らかにして欲しいという本人たちからの要望があった」からだという。

   本は発売3日間で10万部が売れる勢い。印税収入は全額を社会福祉事業に寄付をする前提で執筆を引き受けたというが、芸能人にどこまで確認を取って実名で掲載したのか・・・

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中