「ロト6当せん番号 事前に教えます」必勝法詐欺被害100人1億5000万円

印刷

   儲け話をエサにした詐欺が後を絶たないが、今度は数字選択式宝くじ「ロト6」だ。事前に当選番号を教えると持ちかけ、静岡県の無職女性(57)から約3200万円をだまし取ったとして、埼玉県三郷市の職業不詳、北村大樹容疑者(21)ら14人がきのう18日(2013年11月)までに詐欺容疑で逮捕された。警視庁によると、被害者は全国の約100人に及び被害総額は1億5000万円に上るとみられている。

銀行が仲介しているように装い「あなただけに…」

   「情報料を払えばロト6の当選番号を教える」という手口だが、「モーニングバード!」は以前に被害にあったという男性(69)に話を聞いた。今年7月(2013年)、「ロト6で儲けてみませんか」と知らぬ男から電話がかかってきた。半信半疑だったが、「あすの新聞で発表される」と電話で聞いた当せん番号を翌朝確認すると、確かに当たっていた。すっかり信用したAさんに男は「1300万円を目標にやろう。それには当せん金の30%の情報料が必要だ」と言ってきた。Aさんは総額265万円払ったが、当せんすることもなく、男とも連絡がつかなくなった。当せん番号は抽選日にインターネットで発表されている。そのことを知らない人に前もって入手したかのように装い信用させていたのだ。

赤江:おいしい話はない

   Aさんがだまされたのには、もうひとつ仕掛けがあった。男は「銀行が仲介しているから大丈夫」と安心させ、会員になるようすすめ、「1000円払えば書面を送る」と入会書にも記入させられた。1000円という手ごろな金額、もっともらしい入会書もだましのテクニックのひとつだった。

今年9月までに警視庁だけで405件!被害者の7割以上が50代以上

   司会の羽鳥慎一「高齢者相手に付け込む犯罪は多いですね」

   コメンテーターの堀潤(元NHKキャスター)「テレビでも再三取り上げますが、被害者は増えています。周辺にいる身近な人が注意を呼び掛けることが重要ですよね」

   警視庁の「ギャングブル必勝法関連詐欺」統計によると、今年9月までの被害件数は405件で、被害額は21億円にのぼる。被害者の年代は50代23%、60代27%、70代以上24%と50代以上が7割以上を占める。

   宮田佳代子(城西国際大学非常勤講師)「とにかく信用しちゃだめですね。おいしい話はないと」

   司会の赤江珠緒「あなただけ得します、という話はないということですね」

   舘野晴彦(『月刊ゲーテ』編集長)「ないとわかっていても、だまされてしまう」

   そこが一番の問題だ。自分だけは絶対大丈夫だと思っている人が一番危ないと思った方がいい。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中