荒川静香「あの演技を私からイナバウアーと言った覚えはありません」正しくはレイバック…上半身反り返り
<有吉弘行のダレトク!?>(フジテレビ系)

印刷

   世間に広まるデマを見つけ、デマを広めた張本人に直接抗議をして認識をあらためてもらうという趣旨のバラエティだ。扱うデマは「泡立ちのいいシャンパンは高級」というものだった。調べてみると、シャンパンの泡立ちは高級か否かには関係なく、グラスにほこりが付着していると多く泡立つことが判明した。
   これをシャンパン党を自認する川島なお美に突き付けようというのだ。川島はさんざんシャンパンの薀蓄を語ってあと、実はほこりの問題と知らされてギャフン!そのギャップがなんとも愉快で、してやったりという感じだ。
   2つ目のデマは「イナバウアーは上半身を反らすこと」というデマだ。上半身を反ることをイナバウアーと誤解している人が多いが、実は足のかたちのことだという。上半身を反らすのはレイバックという技で、イナバウアーだけだと高い点数がつかないので、レイバックと組み合わせる選手が多く、誤解を招くことになったと解説される。
   番組ではデマを広めた荒川静香の元へ行き、謝罪するように促す。しかし、荒川も負けてはいない。「解説する人が『イナバウアー』と言い続けたのが原因で、私が申告したわけではないですよ。トークショーや取材の場では訂正をして、反ることがイナバウワーじゃないですよとひと言いっています」と話す。世間が誤解したのはメディアのせいだと。さすが金メダリスト、簡単には負けません。(放送2013年11月12日23時15分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中