2019年 4月 22日 (月)

「ふるさと納税」で各地の特産品ゲット!寄付のお礼に自治体がプレゼント

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   2008年にスタートしたころに比べて最近は話題になることが少ない「ふるさと納税」が、実は大変お得なことになっているらしい。各自治体が獲得競争に力を入れ、寄付してくれた人に地元の特産品などどっさり送ってくれるのだ。寄付は所得税や地方税に控除対象となるから、ほとんど負担はなく各地の美味しいものを楽しむことができる。

カニ、ステーキ肉、お米、お酒、宿泊券…

   ふるさと納税をするとどんなものが送られてくるかというと―。肉、魚介、野菜、米、加工食品、酒、米、くだものなどの食料品はもちろん、アクセサリーや化粧品、地元イベントや観光地のチケットや宿泊券など、まあ、なんでもあって、しかも好きなものをチョイスすることができる。たとえば、1万~3万円を鳥取県に寄付をすると松葉ガニの大きいのが1杯、宮崎県ならステーキ肉2枚、北海道むかわ市なら無添加ソーセージ、佐賀県なら真鯛…といったものが選べるのだ。地方自治体が,全体の半分以上になっているからだ。

   都内に住む按田さんはこの制度を利用して、今年も10自治体に寄付をした。冷蔵庫の中は地方から贈られてきた特産品がいっぱい。「これは静岡の磐田市から贈られてきたウナギのかば焼きの冷凍品。こっちは北海道浦幌町からのジンギスカンとソーセージの詰め合わせ、岡山の津山市からはたこ焼き器をいただきました。地元にメーカーがあるそうなんです。

   ある市長さんからはお礼の手紙もいただきました。税金を払ってお礼を言われたことなかったので、感激しました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中