鈴木おさむ「ほこ×たて」ヤラセ問題ほほかむりで西野亮廣は土下座…そんなにエラかったっけ!?
<アメトーーク!>(テレビ朝日系)

印刷

   この日は「好感度低い芸人」という括りで、品川庄司の品川祐、キングコング西野亮廣、ピースの綾部祐二、ジャルジャルの福徳秀介、スピードワゴン井戸田潤、陣内智則ら、なるほどという顔ぶれが集結した。藤原紀香と離婚した陣内、安達祐実と離婚した井戸田は好感度が低い理由も歴然だが、あとの男たちは…というわけで、本人たちを前にそれぞれの「好感度の低い理由」や「好感度の低いエピソード」を発表した。

   まあ、ここまでは面白かったのだが、途中で放送作家の鈴木おさむが出てきて様子が変わってきた。西野が鈴木の小説「芸人交換日記」をおもしろくないと批判し、鈴木の妻・森三中の大島が怒ってみせて、たびたび西野を糾弾していた。「27時間テレビ」のコーナーで一応の終結を見せたはずだったが、また蒸し返してきたのだ。

   鈴木が登場すると空気が一変した。雨上がりの2人は「おさむさん、おさむさん」とすり寄り、西野が鈴木に土下座で謝罪することになった。鈴木の小説が面白くないというのは西野の感想で、それをとやかくいうのはおかしい。批判もできないほど放送作家はエラいのか。なんだか凄くいやなものを見てしまった気がする。鈴木もこんなところにのこのこ出て来ないで、自分が手掛けた「ほこ×たて」のヤラセ問題について謝ったほうがいいのでは。(放送2013年11月14日23時15分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中