キャロライン駐日大使「信任状奉呈式」馬車の送迎見るため2時間、3時間

印刷
日米でブーム
日米でブーム

   司会の加藤浩次「すごい人(出)でしたね」

   キャスターのテリー伊藤「ビックリしました。まさかこんなにスゴイとは」

   キャロライン・ケネディ駐日米大使はきのう19日(2013年11月)、皇居で信任状奉呈式に臨んだが、平日の昼間ということもあってか、中高年が多数集まり、目の前を一瞬で通り過ぎてしまう馬車を見るために人が2時間、3時間前から集まっていたという。

   50年前、ケネディ大統領が暗殺された当時の映像が記憶にあり、「あのとき小さかった女の子が立派になって」といった感想が多く聞かれた。「没後50年で、アメリカでもケネディブーム。日米両国でブームが起こってるということになりますね」(評論家・宮崎哲弥)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中