2018年 7月 19日 (木)

キャロライン駐日大使「信任状奉呈式」馬車の送迎見るため2時間、3時間

印刷
日米でブーム
日米でブーム

   司会の加藤浩次「すごい人(出)でしたね」

   キャスターのテリー伊藤「ビックリしました。まさかこんなにスゴイとは」

   キャロライン・ケネディ駐日米大使はきのう19日(2013年11月)、皇居で信任状奉呈式に臨んだが、平日の昼間ということもあってか、中高年が多数集まり、目の前を一瞬で通り過ぎてしまう馬車を見るために人が2時間、3時間前から集まっていたという。

   50年前、ケネディ大統領が暗殺された当時の映像が記憶にあり、「あのとき小さかった女の子が立派になって」といった感想が多く聞かれた。「没後50年で、アメリカでもケネディブーム。日米両国でブームが起こってるということになりますね」(評論家・宮崎哲弥)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中