ランジェリーモデルが何を偉そうに!ショーのゲストだったテイラー・スウィフトこき下し

印刷

   人気スーパーモデルがセクシーなランジェリー姿でランウエイを闊歩するド派手イベント「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」が11月13日に開かれた。今年はゲストにテイラー・スウィフトらが出演した。ユニオンジャックのセクシーなミニドレスを身にまとったテイラーは、モデルばりにランウエイを歩き、大ヒットシングル「I knew you『were』trouble」を披露してショーを盛り上げた。

「私たちは十数年かけてここまで来てるのよ。彼女は素人」

   ただ、ショーに出演していたオーストラリア人モデル、ジェシカ・ハートが、モデルとしてのテイラーを上から目線で「イマイチ」と評価して騒ぎになっている。ファッション紙のインタビューを受けたジェシカは「テイラー・スウィフトは、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとしてもいい線いけけるのでは?」と質問され、「本当ね!」くらいに答えておけば良かったものを、「テイラーはすごいけど、モデルには無理ね。私たちはここまで来るのに14年も15年も経験を積んでいるの。経験がものを言うのよ」とこき下した。

   プロのモデルとしてのプライドが出ちゃった形だが、「たかがランジェリーモデルごときで何を偉そうに」「テイラーとは才能の差が歴然」とネットユーザーらから失笑されるはめとなってしまった。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中