1滴ずつ注げる卓上しょうゆ―予想以上の売れ行きで一時販売休止

印刷

   司会の加藤浩次が「ここに来て、容器の進化がすごいですよね」と目を丸くする。空気を入れず、酸化を防ぐパック容器などが続々登場しているが、キッコーマンが発売した新型醤油は予想以上の売れ行きで販売が一時休止になった。「いつでも新鮮シリーズ」の「塩分ひかえめ丸大豆生しょうゆ」200ミリリットルで、卓上に置ける大きさの特殊な容器を使っていて、1滴ずつ注げるのが特徴だ。また、二重構造の密封ボトルで空気が中に入らず、醤油の酸化を防ぐという。

メーカーは450ミリリットル入りボトル使ってほしい

容器の進化

   同型の商品には、主力の「しぼりたて生しょうゆ」のほか、「おさしみ生しょうゆ」「削りたてかつおぶし香るしょうゆ」があるが、販売休止になったのは「塩分ひかえめ丸大豆~」だけ。これで浮かせたボトルを他の3製品に回す狙いがある。「塩分ひかえめ丸大豆~」には450ミリリットル入りボトルもあるので、メーカーはそちらを使ってほしいと話しているそうな。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中