草彅剛くにゃくにゃ坊ちゃん悪くない…単細胞なドラマで楽しむ昭和テイスト
<独身貴族 第6回>(フジテレビ系)

印刷

   テレビ批評家から草彅剛の棒読みセリフをこき下ろされているが、筆者はこのドラマを嫌いではない。何故なら、懐かしい名画の主題曲(例えば、エデンの東やライムライト)が流れている昭和テイストを楽しんで見ているからである。但し冒涜だという人もいる。
   親からの遺産の映画会社で社長をしている星野守(草彅剛)は独身主義者。料理も出来るし、わずらわしい同居人(妻)などいない方がいいという気楽な身分だが、弟で専務の進(伊藤英明)は女に目がなく、とっかえひっかえ付き合うタイプだ。叔母(デヴィ夫人・下手くそ)に会社を売ると脅されていて我慢しながら女性と付き合っている。そこへ脚本家志望の春野ゆき(北川景子)が絡んできて・・・。
   普段は汚い業界人ファッションのゆきが、ある日ドレスアップして登場した時、目の覚めるような美人だと発見して、守も進も心中ゆきの虜になった。つまり、この先、兄と弟でゆきを挟んで葛藤が起こるのだろうとわかる。見え見えの三角関係で、最後はゆきの脚本が映画化されて大ヒット(?)となるのか、と、はなはだ分り易い想像をしてみる単細胞なドラマなのだが、感じは悪くない。
   兄弟の住む家のセットに雰囲気があり、守と進の坊ちゃん坊ちゃんした描き方が、ホンワカしていておかしい。ごつごつした伊藤英明より、何を考えてるのかわからないくにゃくにゃした草彅剛の方が、映画というバクチ産業の中で生きる青年らしくて面白い。(放送2013年11月14日22時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中