ジブリ最新アニメ『かぐや姫の物語』見どころは「おとぎ話と全く違うキャラ」

印刷

   「いよいよ明日(2013年11月23日)から公開ですね」とキャスターのテリー伊藤が言う。スタジオジブリ作品の映画「かぐや姫の物語」の公開に合わせて、「スッキリ!!」には映画の宣伝タイムが設けられた。

   大きなポスターが置かれ、主演のかぐや姫の声を演じた朝倉あきと姫を育てるおばあさん役の宮本信子がゲストに招かれ、ややもすれば地味な2人組が映画をアピールした。かぐや姫が「ジブリ」ブランドであることは、番組ではとくに喧伝されなかった。

繊細な筆遣いで描かれる絵巻物

明日から

   映画の見所としては、「なによりすごいのが、絵巻物みたいな日本人独特の筆づかい。本当に美しく、アニメでなければできない作品」(宮本)といったことが挙げられた。また、日本人にもおなじみのキャラクターであるかぐや姫についても、「今まで知ってるかぐや姫とは全然違う」(宮本)、「すごく生き生きとしたキャラクターで人間味がある」(朝倉)などと、まるで現代女性を思わせるかのような新味がある点がアピールされた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中