2018年 7月 18日 (水)

中国「防衛識別圏」尖閣上空に勝手に設定!「通告なしの侵入はスクランブル」

印刷

   中国国防省は尖閣諸島の上空に「防空識別圏」を設定したと発表した。海上だけでなく、空からも日本の実効支配崩しをもくろむ。中国側が発表した防空識別圏は、朝鮮半島南側から台湾の北側にかけて尖閣諸島をすっぽり覆う形で設定されており、当然、日本の防空識別圏と重なる。

   中国側はこの圏内に入る航空機の飛行計画届出を義務付け、従わなければ防御的措置を取ると脅している。

アメリカ・ケリー国務長官「東シナ海で衝突の危険性」

   日本の防空識別圏は領空から22キロ外側に設定され、事前申告がない不審機が進入して場合は航空自衛隊のスクランブルの対象になる。

戦闘機が鉢合わせ

   中国の挑発行為には、アメリカのケリー国務長官も「一方的な行動は東シナ海の現状を変えるようにするもので、地域の緊張を高め、衝突の危険性を作り出すだけだ」と強く批判した。

   司会の小倉智昭「スクランブルで両国の戦闘機が防空識別圏の中で鉢合わせしたらどういうことになるのか。とんでもない事態になる恐れがあります」

   中国が設定した識別圏は韓国の識別圏とも重なっていて、韓国も強く抗議している。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中