猫ひろし「代表選手としてカンボジア国会を訪問。年くってるからコーチに間違えられた」

印刷

   お笑い芸人・マラソン選手の猫ひろし(36)が東南アジア大会出場を前に、カンボジア国会へ行ったと11月25日(2013年)にブログで明かした。代表選手271人でフン・セン首相の講話を聞くためで、大会用の新しいチームジャージを着て行ったが、服のサイズが大きすぎて「誰のお下がりなんだよ、これ!!」と叫んでいる。

   「サイズがデカイからって行かないわけにも行かず」に国会を訪れると、他の選手より年上だったため「コーチに間違われた!」という。「こんなジャージがブカブカなコーチいないよ!」「おやじパワー絶対にみせてやる!」とむきになっている。

   国会では「フンセン首相の話をみんなで聞いて解散」し、1か月後の大会へ向けて「焦らず、新しいことせず、今まで毎日練習してきたおやじパワーを全部出し切ろう」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中