中学生が学校に本物の拳銃!?誤射してもモデルガンだと思っていた先生たち

印刷

   まったくマンガみたいな話だ。福岡・志免町の中学校で、生徒が持っていた本物の拳銃を生徒も教諭もモデルガンだと思っていたため、教諭が誤って発射してしまった。しかし、それでもオモチャだと思っていて警察に届けなかった。

   先週20日(2013年11月)、男子生徒がフィギュアで遊んでいるのを見つけた教諭が他の持ち物を検査したところ、回転式拳銃と実弾らしいもの数発がみ見つかった。教諭はこれらを没収して職員室に保管していた。

   23日の土曜日になって、別の男性教諭がこれに触っていて誤って発射させた。弾は木製のイスに当たったが、けが人はなかった。教諭は「オモチャと 思って引き金を引いた」と話しているが、報告を受けた教頭もまたモデルガンだと思っていて、校長に報告しなかった。きのう月曜日になって校長が知り、警察に届けて初めて本物とわかった。

生徒の父親が所有

   なぜ中学生が拳銃を持っていたのか。生徒は「父親のもの」と話し、福岡県警粕屋署が調べて飲食店経営の父親(41)を銃刀法違反容疑で逮捕した。父親は粕屋郡内の倉庫に拳銃と実弾数発を所持していた。生徒はこれをモデルガンだと思い、学校に持って行った。

一歩間違えたら…

   校長は「教諭も教頭も精巧なモデルガンだと思っていた。学校として認識が甘かった」と陳謝した。

   司会の井上貴博アナ「これ一歩間違えたら…」

   ラサール石井(俳優)「子どもがふざけて撃ったり、発射された先に人がいなくてホントによかった」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「別の先生が触ったということは、そこらへんに置いてあったということ?」

   昔の男の子(先生も)なら、3日も放っては置くまい。取り上げたその場で寄ってたかって触りまくって、1人くらい「おい、本物だぞ」と気がついたんじゃないかな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中