フジ「家族の裏事情」も視聴率3・8%で首筋スースー!「夫のカノジョ」の次は…

印刷

   TBSの石原俊彌社長は27日(2013年11月)の定例記者会見で、連続ドラマ「夫のカノジョ」(木曜よる9時)が8話で打ち切られることを認め、「大変厳しい視聴率。視聴者の声を真摯に受け止める」と語った。「夫のカノジョ」はスタートから平均視聴率4・7%と超低空で、第5話では3・0%とゴールデンタイムの民放ドラマとしては最低視聴率を記録、9話シリーズを予定していたが、8話で終了することになった。

   これを横目で見ながら「あすはわが身」と身を縮めているのが、フジテレビ系ドラマ「家族の裏事情」(金曜よる8時)だ。「夫のカノジョ」ほどではないにせよ、やはりスタートから低視聴率が続き、22日(2013年11月)放送の第5話は3・8%と「打ち切り赤信号」がともってしまった。ただ、ラッキーなことに初めから8話で完結の予定で、このまま12月13日の最終回まで続けるしかないという判断のようだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中