2019年 4月 22日 (月)

取り違われたまま60年…出生時に病院がミス!180度違った2人の人生「生活保護家庭」と「裕福な家庭」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   60年前に病院で取り違えられた男性(60)がきのう27日(2013年11月)に会見して、「昭和28年3月30日に時間を戻して」と無念の思いを語った。男性 が起こしていた損害賠償の訴えを26日に東京地裁が認め、赤ちゃんを間違った親に渡した病院に3800万円を支払うよう命じた。しかし、時間は戻らない。

兄弟とまるで顔が違うとDNA鑑定

   男性の実の兄弟3人が、彼らの長兄に当たる男性の容姿が一緒に育てられた兄弟とあまりに容姿が違うことや、母親(故人)の話などからDNAを調べたところ、自分たちと兄弟であることが判明。取り違いを疑い、2009年に墨田区の賛育会病院に残された分娩台帳を調べ、裁判所に証拠保全手続きを行った。

ほかにもあるかも

   調べていくと、男性が生まれた13分後に別の男の赤ちゃんが生まれていたことがわかった。病院はこの2人を取り違えたとみられ、男性は「人生を狂わされた」と病院に2億5000万円の損害賠償を求めていた。

   男性は育った家では4男にあたり、2歳のとき父親をなくして、母子家庭で生活保護を受けて育った。進学もできず、中学卒業後に町工場に就職、定時制の工業高校に進んだが、大学へは進学できなかった。現在はトラック運転手をしている。一方、本来の家庭は裕福で、こちらに取り違えられた男性は大学から一部上場企業に入っていた。兄弟3人とも大学に進学していた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中