明和電機・土佐信道イスから転げ落ちる!「恐るべき新人『ラジオってネットつなげなくても聞けるの』」

印刷

   アートユニット「明和電機」の土佐信道(46)が若者とのジェネレーションギャップについて、11月28日(2013年)にツイッターで語った。明和電機は町工場を模したスタイルで活動しているが、事務系の「新人女子工員」の発言に仰天したそうだ。

   土佐がラジオについて話すと、彼女から「え? ラジオってインターネットにつながなくても聞けるんですか?」と聞かれたという。最近ではインターネットを通してラジオ放送を聞く「radiko(ラジコ)」もあるが、なお電波を使ったものが主流だ。イマどきすぎる発言を聞いて、土佐は思わず「椅子から転げ落ちた」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中