2018年 7月 18日 (水)

東大卒の市民ランナー・松本翔「福岡国際マラソン」挑戦!箱根駅伝に出場経験

印刷

   今度の日曜日(2013年12月1日)に開催される福岡国際マラソンで、最強の市民ランナー川内優輝選手と、かつては無職ランナーといわれた藤原新選手の直接対決に注目が集まっている。しかし、思わぬダークホースがいる。川内と同様の市民ランナーで、東大法学部卒業の松本翔選手だ。川内も「非常にクレバーな選手ですね」と松本選手に一目置いている。

練習時間つくるため実業団退部。いまは税務関連会社勤務

   松本は税務関連会社に勤務していて、子供の頃から足が速く、中学まではサッカー部員でありながらマラソン大会で優勝することもしばしばだった。駅伝の名門校である宮崎・小林高校にトップ入学して陸上部に所属した。高3の冬に全国高校駅伝を走った2か月後、東大法学部に現役合格した。

チャンスは生まれる

   司会の羽鳥慎一「2005年の箱根駅伝で、東大生としては21年ぶりに学連選抜で走っています。大学卒業後に陸上部のある実業団に入りましたが、入社3年目でオーバーワークとなり、どんなに練習をしても結果が反映されず、努力が結びつかない状況が続きました。そのため実業団を退部。夕方からの練習時間が確保できるいまの仕事に就き、自分で練習メニューを考え、自分のペースで練習を続けています」

「正しく努力をすれば、勉強もマラソンも結果が出る」

   両親は「あの子はいつもテレビに映し出されやすい所で走っている。小さいことから目立ちたがり屋だったから、目立つことを意識しているのだろう」と笑う。

   コメンテーターの長嶋一茂(スポーツキャスター)「目立つために走っているのではないと思う。有力選手についていけば、それだけチャンスが生まれる可能性が広がるから。それが目立つためにと思われているのではないですかね」

   松本は「やり方を間違えないことが大切かな。計画的に身体を休めて、やるときはしっかりやる。正しく努力をすれば、勉強もマラソンも結果が出るという意味では通じるものがあります」と語る。

   福岡国際マラソンが楽しみだ。がんばれ!

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中