篠田麻里子、愛犬ぱちゃが死んだ「苦しそうに何度も立ち上がって・・・」

印刷

   元AKB48の篠田麻里子が11月29日(2013年)、愛犬「ぱちゃ」が息を引き取ったことをツイッターで明かした。

   篠田はトイプードルの「ぱちゃ」とマルチーズの「ムッシュ」を飼っており、NHKで放送中の「麻里子さまのおりこうさま!」にも一緒に出演していた。ぱちゃは「甘えん坊で誰にでも愛される」性格だったという。そんな愛犬の最期について、篠田は「ずっと体調良くなく、最後のぱちゃは苦しそうに何度も立ち上がり顔をあげて尻尾を振り笑顔でいつもの甘笑顔、私に背中を向けて歩き出すといきなり深い眠りについた」とツイート。最後に「ぱちゃを応援してくれた皆さんに感謝いたします。ありがとうございました」と締めくくった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中