2019年 4月 21日 (日)

篠田麻里子、愛犬ぱちゃが死んだ「苦しそうに何度も立ち上がって・・・」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   元AKB48の篠田麻里子が11月29日(2013年)、愛犬「ぱちゃ」が息を引き取ったことをツイッターで明かした。

   篠田はトイプードルの「ぱちゃ」とマルチーズの「ムッシュ」を飼っており、NHKで放送中の「麻里子さまのおりこうさま!」にも一緒に出演していた。ぱちゃは「甘えん坊で誰にでも愛される」性格だったという。そんな愛犬の最期について、篠田は「ずっと体調良くなく、最後のぱちゃは苦しそうに何度も立ち上がり顔をあげて尻尾を振り笑顔でいつもの甘笑顔、私に背中を向けて歩き出すといきなり深い眠りについた」とツイート。最後に「ぱちゃを応援してくれた皆さんに感謝いたします。ありがとうございました」と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中