2018年 9月 20日 (木)

木村拓哉「安堂ロイド」危うく視聴率ひとケタ!じり貧歯止めかからず10・7%

印刷

   第1話の平均視聴率19・2%と好スタートを切りながら、その後はじり貧の木村拓哉主演のTBS系ドラマ「安堂ロイド」(日曜よる9時)は、12月1日(2013年)放送の第8話で10・7%と2ケタ台ギリギリまで落ちた。第4話も10・3%で10%台は2度目だ。前ドラマが「半沢直樹」で今年最高視聴率を稼ぎだしただけに、キムタクの不調が余計に目立つ。

   これまでのキムタクドラマとかなりテイストが違い、「アンドロイドの恋」のストーリーにファンが戸惑っているのかもしれない。ロイドの正体が明らかになる最終回まであと2話だが、巻き返しはなるのか。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中