2018年 9月 25日 (火)

砂糖に代わる夢の甘み「希少糖プシコース」カロリーほぼゼロ、糖尿病でもOK

印刷

   希少糖という自然界にごくわずかしかない糖がある。この糖は実はダイエットに役立つ物質だという。希少糖のカロリーは普通の糖に比べると20%も少なく、血糖値が下がったり、内臓脂肪が減少したりという効果が認められている。健康な人が毎日30グラムずつ摂取したところ、12週間で体重が2キロ減ったというデーターもある。

   香川大学希少糖研究センターは希少糖の量産に世界で初の成功した。どうしたら入手できるのか。

小腸でブドウ糖吸収をブロック

   給食などで希少糖を砂糖の代わりに使っているのが、香川県丸亀市の城南小学校だ。「めっちゃ美味い」「甘い」と生徒たちの評判は上々だ。量産に成功した香川大学徳田雅明教授はダイエット効果とそのメカニズムをこう説明する。

「希少糖(プシコース)はほとんどエネルギーがないんです。普通の砂糖は1グラムで4キロカロリーのエネルギーを出すのに、プシコースはほとんどゼロに近い0・39キロカロリーしかありません。プシコースと一緒に食事をすると、小腸でのブドウ糖の吸収を抑えてくれます。小腸の壁にプシコースが入り込んで、ブドウ糖の吸収を阻むんです。だから、結果的に太りにくくなっていくわけです」

「シロップ(1200円)」年明けからデパート、ネットで購入可能

   プシコースは西日本に生息するズイナという植物の葉っぱにほんの少しだけ含まれる貴重な糖だ。香川大学では30年間の研究で、ズイナでなく果物の果糖からプシコースと取り出す事に成功した。

   香川大学附属病院では、病院食の牛乳寒天のデザートに希少糖が使われている。これなら糖を制限しなければならない糖尿病の患者も普通に食事ができる。「世界中の糖尿病や肥満をプシコースで救いたいですね」と徳田教授は言う。

   ゲストの浜島直子(モデル)が嬉しそうに言う。「罪悪感なく甘い物が食べられるって、夢の世界ですね」

   山田大樹アナ「いい事ずくめの希少糖ですが難点が一つあります。それは高い事です。1グラムスプーン1杯で1万円します。現在は6%入ったシロップが1200円で売られていますが、年内は品切れ状態です。年明けからデパートやインターネットで購入が可能になると思います」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中