「亀田大毅」負けてもIBF王座維持!?スーパーバイザー前日と違う説明

印刷

   昨夜3日(2013年12月)にTBS系で放送された「亀田祭り」のメインイベントは何とも奇妙な展開となり、けさの「朝ズバッ!」は釈明に追われることになった。そもそもは、ボクシングのIBF王者の亀田大毅とWBA王者リボリオ・ソリスが王座統一を賭けたはずの一戦は、ソリスが試合前日の計量をパスできずに王座を剥奪された。それでも試合は行われ、ソリスが勝利した。

敗戦で「空位」になるはずじゃなかったの?

   きのうの「朝ズバッ!」では、もし大毅が負けた場合は「IBF王座は空位になるとお伝えしてきた」(高畑百合子アナ)が、これは2日の計量後に行われたルールミーティングに基づく情報だったという。ところが、試合後になって、IBFスーパーバイザーが大毅のIBF王座維持を発表したのだ。なんでも挑戦者が計量をパスできなかった場合、IBFでは試合の勝敗にかかわらずチャンプが王座にとどまる規定なのだという。

釈然としない

   「関係者一同、試合前の話と違うので混乱した」(高畑)状況で、視聴者も何とも狐につままれたようなお話である。この件で、IBFと日本ボクシングコミッションが再度話し合いを持つとの情報も入ってるという。

   そんななか、「きょうのアンカー」をつとめた漫画家のやくみつるは「いちばん釈然としないのは選手でしょうからね。アンチ(亀田?)のワタシですら同情しますね」と選手の心情を思いやっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中