2018年 9月 19日 (水)

キム・ヨナ「浅田選手がいたからここまで来られた。彼女にこそ重要なソチ五輪」

印刷
「浅田選手がいなかったら自分はここまで来られなかったと思う」

   あと2か月後に迫ったソチ五輪で、フィギュアスケートの浅田真央選手と韓国のキム・ヨナ選手の戦いは注目競技だが、キムが浅田への思いを語った。

   今年9月(2013年)に右足のケガでグランプリ(GP)シリーズを欠場していたキムは、今季初の国際大会 (ゴールデンスピン・オブ・ザブレグ)に出場するためクロアチアに向け出発したが、出発に先立ち韓国・仁川国際空港で記者会見する余裕を見せた。

「オリンピックの金メダルすでに獲得しているので、欲や気負いありません」

「GPシリーズに比べて、(今回は)小さな大会なので、少し負担を減らして楽な気持ちで演技できればいいと思っています。体力はソチ五輪までにもっと上げなければならないのですが、今は80~90%だと思います。3回転ジャンプを長い間跳んできたので、少し休んだくらいでは忘れないので問題ありません」
真央ちゃん成長
真央ちゃん成長
「今シーズンは私にとって最後のシーズンなので、今はリラックスしています。正直言って、オリンピックの金メダルの夢はすでに叶えたので、結果に対する欲や気負いはまったくないです」

   2010年のバンクーバー五輪で金メダルを獲得(浅田は銀メダル)し、11年の世界選手権後1年余り休養し、昨年7月にソチ五輪を最後に引退することを表明している。

   そして、同じ23歳で、同じようにソチ五輪が最終章と話す浅田真央への思いについて次のように語った。「ジュニアのころから今まで一緒にやってきて、比較されてきたしライバル意識もあります。お互いに避けたい存在であるけど、刺激を与えあう関係になったと思います。浅田選手がいなかったら、自分はここまで来られなかった。浅田選手の今シーズンのプログラムを見ましたが、浅田選手にとっても重要なシーズンだと思うので、頑張って準備したんだと思います」

五輪出場まだ決まらぬ真央ちゃん心配

   キムは今年3月の世界選手権で優勝し、ソチ五輪への切符をすでに手にしているが、GPシリーズ2戦2勝している浅田のソチ五輪代表が決まるのはこれからだ。

   司会の加藤浩次「この4年間の真央ちゃんの成長は半端じゃない。キム・ヨナはそんなに成長していないんじゃない? 素人目ですけど」

   キャスターのテリー伊藤「日本も早めに決めたほうが、選手からすれば楽なのにね」

   余裕のキムに成長著しい浅田の攻めの対決、どんな結果が待っているのか楽しみだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中