井上真央NHK大河ドラマ主演!再来年の「花燃ゆ」で吉田松陰の妹・文

印刷

   2015年のNHK大河ドラマの主演に井上真央が決まった。物語は幕末の討幕思想家・吉田松陰の妹・文の流転の人生を描くもので、タイトルは「花燃ゆ(はなもゆ)」だ。

   文は兄を斬刑で失い、兄の弟子だった長州藩士・久坂玄瑞と結婚するが、久坂は「禁門の変」に敗れて自刃、文は藩主・毛利家の奥女中として仕え、さらに明治になってからは群馬県令(官制知事)の楫取素彦と再婚して動乱を生き抜く。

   発表会見に現れた井上は「吉田松陰は知っていても、妹は知らなかった。これから勉強します」と話した。おととしの朝の連続テレビ小説「おひさま」で人気となり紅白歌合戦の司会をつとめた。朝ドラのヒロインが大河ドラマの主役に起用されるのは、松嶋菜々子、宮崎あおいに次いで3人目。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中