2018年 9月 23日 (日)

亀田大毅、負けても王座残留!長谷川穂積「それなら戦う必要ない。『勝ち負け』ないならスポーツじゃない」

印刷

   国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング協会(WBA)の世界スーパーフライ級王座統一戦が、12月3日(2013年)に行われた。試合で亀田大毅(24)は判定負けしたが、対戦相手のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)が前日計量で上限を超えていたため、亀田がIBF王座残留を果たした。

   元ボクシング2階級制覇王者の長谷川穂積(32)は、4日のブログで「ん?」といぶかっている。試合は見ていないとしながら、「負けてもチャンピオンのまま」とするIBFの決定に、「それなら戦う必要ないし、そもそも勝ち負けないならスポーツでもなんでもなくなってるんじゃないかと思う」と苦言を呈している。

   また日本のボクシングを統括する日本ボクシングコミッション(JBC)に対して、「正しき道に導いてくれ」と注文をつけ、適正な判断を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中