行列ができる完全養殖「近畿大マグロ」銀座店―年内は予約いっぱい

印刷

   東京・銀座にきのう4日(2013年12月)にオープンしたある飲食店の前には、開店前から長い行列ができていたという。予約席も年内は埋まっているという人気のこの店は「近畿大学水産研究所」なるおカタイ名前である。

   その名の通り、近畿大学が運営しているこの店は、約40年も試行錯誤して作り上げた養殖マグロ「近大マグロ」を食わせるのがウリだ。近大マグロとは近大が世界で初めて卵から養殖した完全養殖クロマグロである。

味覚センサーで測ってみると…天然ものとほとんど変わりなし

   近大の水産養殖種苗センター大島事業場長は「養殖の品質をアピールして、『天然信仰』を払拭したい。(銀座という)最前線で戦っていこうと」と鼻息も荒い。半分冗談ながら、次は米国ニューヨークに進出する話も出ているんだとか。

   気になるお味について、「朝ズバッ!」が近大マグロと天然クロマグロを味覚センサーで測って比べたところ、味覚的にほぼ同じデータだったという。続くスタジオでは、コメンテイターのブラインド食べくらべが行われる―と予想されたが、ただの近大マグロ試食会が開催。時間が押していたせいか、コメントタイムもなかった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中