琴光喜「痛い黒星」不法滞在外国人雇ってた!親方で相撲界復帰が夢だったのに…

印刷

   大相撲の元大関・琴光喜の田宮啓司容疑者(37)が土俵の外でも黒星を喫した。名古屋市で経営する焼き肉店で不法滞在の外国人を働かせていたとして、きのう4日(2013年12月)に入管難民法違反の疑いで逮捕された。野球賭博に関連して日本相撲協会から解雇されたが、いずれは親方にと復帰をめざしていた。

昨年4月に名古屋に焼き肉店オープン!店名は四股名もじった「やみつき」

   焼き肉屋は名古屋市西区に昨年(2012年)4月に開店し、相撲関係者やファンなどで繁盛していた。四股名をもじった「やみつき」という店名で、元力士の店らしく何でも量が多いのが評判だった。ステーキのような大きさの分厚い肉や、ビールが7リットル入るというジャンボジョッキもあった。これは元横綱・曙にちなんで曙ジョッキと呼ばれていた。看板は横綱・白鵬が書いたといい、店内には化粧まわしや現役当時の写真も飾られていた。

いい大関だった

   逮捕容疑は不法滞在の中国人とタイ人の2人を雇っていたというものだが、「不法滞在とは知らなかった」と容疑を否認しているという。ただ、去年7月に法改正があり、雇用主が不法滞在かどうかを確認しなかった場合も罰せられることになっている。

「野球賭博解雇の裁判」1審敗訴で控訴中

   愛知県岡崎市の出身で、1999年に初土俵を踏み、2001年に幕内初優勝、2007年に大関に昇進したが、2010年に野球賭博に関与したとして日本相撲協会から解雇された。これに対し、解雇の取り消しなどを求める訴えを起こしたが、東京地裁から棄却され、現在、控訴している。

   去年(2012年)、焼き肉店をオープンさせたときは「もともとの夢は親方になって、弟子を育てたいという気持ちを強く持っていたので…、今はもうこの店のことだけを(一生懸命やる)」と語っていた。

   キャスターの小倉智昭「琴光喜は期待された大関でしたけどね。ついつい、大丈夫と思って(不法滞在の2人を)雇ったのでしょうか」

   コメンテーターの古市憲寿(社会学者・評論家)「そんなに悪意があるというより、本当に知らなかったのかな、という気もしますけど」

   中江有里(女優・作家)「外国人と同居していたという報道もありますので、本当にわからなかったのかどうか。支援していた相撲界の関係者の人たちを裏切る形になったのは残念ですね」

   逮捕されたとき帽子をかぶっていた。その中には復帰の日に備え、まだ切っていない髷があるそうだ。

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中