終電延長で珍妙な乗客たち!座席に寝そべるミニスカお姉さん、エロサイト夢中のおじさん…

印刷

   私のような人間には朗報ですよ、これはありがたい。おもわず、やった~と小さくガッツポーズしたのが、終電を試験延長するというニュースだ。全国の大都市で検討・導入されているようですが、賛成だな~。電力消費問題やタクシー業界圧迫などさまざまな意見や問題もはらんでいますが、なんといってもジリ貧フリーランスの人間には、とっても嬉しい。

   番組制作予算削減で、深夜に会議が終わってもタクシー代は出ない。終電なんてもう3時間前に終わってるよという場合でも、タクシー代は出ない。これってどうなのとフリーの女性ディレクターに相談したら、きっちり車代として最後にまとめて請求しているとのことだった。けれども、私なんてまだペーだからプロデューサーにお金チョーダイっていいにくい。「車代込みのギャラと思ってね」と言われそうだし。いや、それにしても、そこまで含まれているかなぁと首をかしげたくなるようなスズメの涙のギャラですが。

タクシー代節約にはありがたい

   仕事だとあがきにくいけれど、自分の飲み時間の場合はどうか。本当は節約のために終電で帰りたい。でも、飲んでいるとどーでもよくなってきてしまう。それでも、タクシー代を少しでも浮かせるように、ムダな抵抗をしてしまう。六本木で飲んだ帰りにタクシーにすぐ乗るのが嫌で、渋谷を越えてもまだ歩いてみたことがあります。酔った勢いのなせる技か、深夜2時過ぎに女ひとりヒールでカツカツ歩いて、よくもまぁ何もなかった。

   ようやく疲れていざタクシーに乗ろうと思っても、渋谷からの乗車中で空車タクシーなんて1台も走っていない。タクシー待ちすること15分。そんなムダな時間を過ごしていると、ようやく1台の空車がピタっと止まってくれた。そして運転手さんに言われた一言。

「お客さん、ずいぶんと歩いていたでしょ。反対車線を走っていたんだけど、歩いてるお客さん見えてさ、まだ歩いてるかなあ、そろそろもう乗りたいんじゃないかなあと思ってこっちの車線来たら、いたのよ」

   わ、やっぱり深夜の女1人歩きは目立つのね。もうこれからはやめようと思った瞬間でした。

観察してると飽きない「終電の乗客たち」

   そんなこんなで終電時間の試験延長はとても嬉しいわけです。しっかし、電車にはいろいろな人が乗っているもので、ついつい観察してしまいます。終電間際によくいるのは椅子を自分のベッドだと思って寝ている人。こないだは4人分ぐらいのスペースをガッツリ寝そべっているキレイめなお姉さんがいて、注目を集めていました。ミニスカートをはいてきたこともすでに忘れちゃったんでしょうねえ。後はガラケーでこっそりとんでもないエロサイトを見ているおじさん。強烈な画像がドアの窓に反射して見えていますよ。

   そんな人がいたかと思えば、座席で堂々とラブドールらしきカタログを見ている30代ぐらいの男性を発見。そろそろ下校する子供たちが電車に乗ってくるような時間帯だ。最初はよくわからなかったけれど、女子高生の制服姿や体操服姿のドールのページをどうやら熱心に見ているみたい。ガガ様も来日した際、注目する日本の驚くべき人形技術ではあるけれど、いったい彼は仕事の一環で見ていたのか、それとも個人的な趣味なのか。

   というより、私が使っている電車、どうなってんの。終電延長は嬉しいけれど、電車ってすし詰め状態の中でする社会勉強の1つかもしれませんね。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中